スポンサーサイト

0
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    もしもドロップシッピング商品選びのコツは?

    0
       もしもドロップシッピング商品選びのコツを知らなければ、

      1年、2年と遠回りすることは必至。


      そのコツは、試行錯誤で発見することもできます。


      ただ、もし短期にと望むなら、

      もしもドロップシッピング講座を受講するのも、

      ひとつの選択肢としてあると思います。



      優先順位は高額利益商品!

      0
         商品選び優先順位は高額利益商品です。

        もしもドロップシッピングにおいて売るために必要なポイントは、「商品選び」「ページ作成」「集客」の3つですが、その中でも「商品選び」は一番最初に行うそして最も重要なポイントです。

        もしもドロップシッピングにおける商品選びの鉄則は商品力ある商品、つまりは売れる商品を扱うことです。

        ただ、もしもドロップシッピングにおける商品はそれぞれ利益額が異なります。

        1個売上げて4000円〜5000円の利益額の商品もあれば、数十円〜100円のものもあります。

        テレビで紹介されたり、もしくは、流行などで大量需要が起こるなどの特需でもない限り、もしもドロップシッピングにおいて薄利多売は通用しません。

        1個100円の利益の商品を売るのも、1個5000円の利益の商品を売るのも商品力が同等であれば、売るために費やす労力はほとんど変わりません。

        そうであるなら、少しでも高額利益の商品を売るほうが得策です。

        また、広告集客する場合ですと、数百円の利益額の商品では間違いなく、広告費を賄えません。

        最低でも、2000円以上の利益額は必要です。


        同等程度の商品力であれば、高額利益の商品を優先的に取扱うのが良いです。


        これはSE0など無料集客する場合も同じです。







        新着商品の中から売れる商品を見つける方法

        0
           新着商品の中から売れる商品を見つける方法は、そう簡単ではありません。

          常にアンテナを立てて、世の中の動向に敏感でなくてはいけません。


          その中でも、季節商品は100%外せません。

          季節の先取り、3ヶ月ぐらい前から用意周到に準備しておく必要があります。

          なぜなら、季節商品はやっぱり売れるからです。


          流行ものも必ず扱うようにしましょう。

          ただ、季節商品は見つけやすいですが、流行ものは難しいです。

          こちらは、更にスピードが必要です。


          その為、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、テレビ通販番組、もしもさんからのめるメルマガ、ネット上での話題(ツイッター)など、メデアのチェックは必須です。


          もしもドロップシッピングを始めたら、早耳、情報通でなければいけません。

          また、好き嫌いなく、どんな分野にも関心を持つように心掛けることが大切です。


          ただ、そのような膨大な情報を取捨選択し、売れる商品を見極める目利きする能力は一朝一夕には養えません。

          プロのバイヤーでさえ難しいものです。


          ですから、まずは定番商品と季節商品で売れる商品の感触を掴むのが先決です。


          その後、定番商品と季節商品と同時に新着商品の中からライバルの少なく売れる商品を見つけることです。







          定番商品の見つけ方

          0


            定番商品の見つけ方は簡単です。

            もしもにログインすると商品検索窓の右横に、

            [詳細検索]というのがあります。


            まず、この詳細検索をクリックします。

            次に、標準利益額の範囲0円〜999999円で設定します。

            そして最後に表示順序売上順にします。

            これで、検索し並べると、もしもドロップシッピング全商品がランキング順に並べられます。

            これが現在実際に売れている商品です。

            つまりは定番商品となります。



            もしもドロップシッピングには15万点の商品が登録されていますが実際に売れる商品は、この中の2000点〜3000点です。

            多く見積もっても5000点、つまりは1万点以下です。

            まずは、この定番商品から扱うのが常套手段となります。

            この中から、自分が興味をもてる商品を選びます。

            扱う商品については徹底的に商品を知らなくてはなりません。

            いろいろと調べることになりますので興味が持てないものは、ライバルとの関係において不利になります。


            また、利益額が大きい商品を選ぶほうが良いです。

            利益額が小さくととも大きくとも、販売までの労力はほとんどかわりません。

            さらに、広告をかけて集客する場合は、利益額が2000円以上なければ採算が採りにくい傾向にあります。



            商品選びの基本

            0
              商品選びの基本についてお話します。

               ズバリ、商品は売れる商品を選ぶのが基本です。

               これには2つの側面があります。

               まず、現在すでに売れている。

               次に、これから売れるであろう商品。

               つまりは、定番商品と新着商品です。

               この中から探していくことになります。

               間違っても自分が好きな商品や売りたいと思う商品を優先させてはいけません。

              商品力ある商品を選ぶことが大事です。

               また、一般のネットショップとも違います。

               一般的なネットショップでは 【ネットで売れやすい商品として】

               ●お店で買うのが恥ずかしい商品(悩み系)
               ●近くに売ってない商品
               ●持ち帰れない商品(重い商品)
               ●テレビで見た商品

              確かにネットで売りやすいのは上記の商品ですが、だからといって、もしもドロップシッピングで商品を選ぶ場合は、この判断基準は使わない方が無難です。

              この基準に従い、自分の感性・思惑で独断してしまうと、売れない商品を選んでしまう可能性の方が高いからです。

              また、需要のある商品であることは当然の前提ですが、大手のショッピングモールやECサイトで売れているから、そのまま、もしもドロップシッピングでも売れるかというと、そうでもありません。

              諸条件や価格などが違いますし、同ジャンルだから売れるとは限りません。

              あくまで、もしもドロップシッピングで売れる商品に注目すべきです。

               ただ、新着商品など季節商品で、これから売れるであろう商品を探すには、ある程度の参考にしても良いでしょう。


              定番商品と新着商品という中でも、季節商品は必ず扱うべき商品です。

              その時期、もっともと商品需要が高くなるからです。 これを外してはいけません。

               定番・新着・季節・流行の中から確実に売れる商品を選びます。

              その時、ライバル店に勝てる商品かどうかは吟味する必要があります。

              同じ商品で価格負けは致命的です。

               以上が商品選びの基本となります。


              【もしもドロップシッピング商品厳選10選】

              0
                 【もしもドロップシッピング商品厳選10選】

                もしもドロップシッピングを始めたら必ず扱うべき定番商品です。

                小型カメラや電子タバコは広告審査で広告に出せない商品なので早めに取り扱うことが望ましい。

                これらは年間のピーク時期はそれぞれに違うが、
                安定供給、安定売上が見込める商品群である。

                これら年間の定番商品を押さえた後、季節定番商品を押さえると良い。

                すべて総合ショップではなく専門店として、SEO集客を目指す。



                (1)やさしいコルクマット

                (2)小型カメラ

                (3)サイクルツイスタースリム

                (4)亀山社中

                (5)電子タバコ

                (6)Solis(ソリス) ドライヤー

                (7)スリープトラッカー

                (6)ダイヤモンドピアス

                (7)極厚!20cm高低反発マットレス

                (8)新20色羽根布団8点セット

                (9)タカラトミーHealing Partner 夢の子

                (10)エアリーシェイプ

                その他、コスプレ商品やマッサージ機・テンガ・ゴルフクラブ・ジューサーなども良い。


                PR
                もしもドロップシッピング
                もしもドロップシッピング
                selected entries
                categories
                archives
                profile
                search this site.
                others
                mobile
                qrcode
                powered
                無料ブログ作成サービス JUGEM